• 健康関連商品TOP
  • 快調ミネラルTOP
  • ミネラルの大切な役割
  • 快調ミネラル飲料用
  • 快腸生食TOP
  • 生きた食事快腸生食
  • 快腸生食原材料一覧
  • インカインチオイル
  • チャスキオイル
  • リセットフローラ
  • 腸内フローラってなあに?
  • リセットフローラQ$A
  • ベネクスリカバリーウェア
  • ベネクスリカバリーウェアアスリート動画
  • 副交感神経
  • ママハートーン932
  • リノキンHair Revitalizing
  • リノキンlashlash
  • 宮古ビデンスピローサ茶
BCSの目指すもの
健康コラム
BCS全取扱商品一覧
お客様の声
ビューティコントロールサービスの考える美容とは
腸内環境・腸内改善について

Q. 運動不足による、腸内環境の変化はあるのか?

A. 運動不足と腸内細菌の変化の関係は分かりませんが、運動をはじめる時期は早ければ早いほど腸内環境が良くなると言った事や、運動をすると腸内菌が豊かで健康的になるという事が報告されています。

Q. 自分で腸内細菌を調べられるキットとかはありますか?

A. あります。

Q. 腸内環境の影響で性格も変わることがありますか?

A. 2015年2月のNHKスペシャルで放映され、動物実験で性格が変わることも解っています。

Q. 腸内環境が良くなった場合、性格はどのように変わりますか?

A. 一部の乳酸菌などでは摂取によりうつ傾向の改善やストレス耐性が強くなることが報告されています。

Q. 食べ物による腸内環境への影響はありますか?

A. 腸内細菌は私たちが食べたものをエサとして生きているため、大きく影響を受けます。

Q. 腸内環境に悪い影響を与える食べ物はありますか?

A. 食品添加物が多い加工品など。

Q. 腸内を綺麗にする=便秘の改善のイメージだが他にいいことはありますか?

A. 様々なエビデンスがあり、美容や健康全般に良いです。

Q. 善玉菌は多ければ多いほど良いのですか?

A. 全体のバランスが重要なため、多ければ良いというものではありません。

Q. 腸内環境は一度整うと、良い状態はどのくらい続きますか?

A. 腸内細菌は毎日大量に死んでいきますので、日々変化します。

Q. 腸内フローラの細菌を増やすために、生活習慣で大切なことは何でしょうか?

A. 適度な運動と睡眠、ストレスを発散しバランスの取れた食生活を心がけることが重要です。

Q. イライラしやすいのですが腸内環境がよくなれば改善されますか?

A. 飲んでいただく価値は充分にあると思われます。

Q. 腸は何をするところなのか?なぜ、腸が大事なのか?

A. 腸は我々人間の「入口」であり「出口」です。吸収と排泄をする場所なので、ここが汚れていたり機能しない場合、必要なものが入らず不要なものを外に出せない、即ち人間そのものが健全でいられないことになります。その働きを担っているのが「腸内細菌」となります。

Q. 自分の腸内の細菌を、他の誰かの「いい」ものと取り替えれば、「いい腸」になるのか?

A. 基本的に「良い菌種」は「良い腸=健康」につながる可能性が大だと考えます。しかし、現状では「便移植」は臨床実験の段階であり、まだ日常的に誰もが出来ることではありません。もちろん、保険などは適用外です。

Q. 自分の腸内細菌は、3歳頃までに決まってしまうということだが、なぜ、それまでは、決まらないのか?「よりよく」働いてくれる細菌に、「住んで」もらうには、どうしたらいいのか?

A. 良い種類の細菌に住んでもらうには、良いエサを送る(人間が食べる)、ストレスの少ない生活、規則正しい生活、などが必須となりますが、親が良い食事を子供与えることが最大の要因となります。良い食事(エサ)は、発酵食品、食物繊維などですが、その中でもより良いエサがリセットフローラになります。

Q. 腸内細菌は、なぜうまく働けなくなったのか?

A. ストレスや食生活の欧米化、薬の乱用などによります。

Q. 牛乳を飲むと下すタイプで、牛乳で下す人はヨーグルト、乳酸菌もダメだと
聞いた事があるのですが、リセットフローラは大丈夫ですか?

A. 牛乳やヨーグルトは牛のお乳から出来ており、生きている乳酸菌(生菌)と一緒に乳脂肪が入っています。その乳脂肪を分解出来ない方(分解酵素をもっていない方)が下痢などを発症します。リセットフローラは乳酸菌そのもの(成分)しか入っていないため、牛乳などがダメな方でも安心して飲用いただけます。

リセットフローラ商品ページ
インカインチお客様の声インカインチ取扱いサロン
  • 商品へのお問い合わせは、お気軽に
  • お電話によるお問い合わせ : 096-281-4000
  • メールフォームによるお問い合わせ