• 健康関連商品TOP
  • 快調ミネラルTOP
  • ミネラルの大切な役割
  • 快調ミネラル飲料用
  • 快腸生食TOP
  • 生きた食事快腸生食
  • 快腸生食原材料一覧
  • インカインチオイル
  • チャスキオイル
  • リセットフローラ
  • 腸内フローラってなあに?
  • リセットフローラQ$A
  • ベネクスリカバリーウェア
  • ベネクスリカバリーウェアアスリート動画
  • 副交感神経
  • ママハートーン932
  • リノキンHair Revitalizing
  • リノキンlashlash
  • 宮古ビデンスピローサ茶
BCSの目指すもの
健康コラム
BCS全取扱商品一覧
お客様の声
ビューティコントロールサービスの考える美容とは
健康関連商品
生きた食事、快腸生食。
快腸生食原材料一覧
※文中の食物の含有栄養の比較はその食品100gあたりの比較となり、食品の含有栄養量とは異なるものとなります。
アルファ玄米
アルファ玄米は玄米と発芽玄米だけでは生臭さが残り大変食べにくいため、アルファ玄米を揚げるか、または煎って加えることにより食べやすくしました。香ばしさが増し味もおいしく、栄養価は玄米と同様です。
フラクトオリゴ糖
オリゴ糖は、ビフィズス菌や乳酸菌などをサポートすることで知られ、またビタミンB群やカルシウムと相性が良い栄養素としても知られています。オリゴ糖には消化性のものと難消化性のものがあり、この「フラクトオリゴ糖」は難消化性のオリゴ糖として様々な健康サポート力を持っています。
じゃがいも食物繊維
じゃがいもはカリウムの他、ビタミンCを多く含みます。大地のリンゴと言われ、健康サポートには欠かせない栄養素です。
玄米
玄米と白米とは栄養価が大きく違います。玄米(糠や胚芽が含まれる)には、ビタミンB1、糖質、タンパク質、脂質、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれ、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、脂質、ミネラル、鉄は白米の2倍〜4倍も含まれています。また胚芽にはビタミンA、B1、B2、B6、B12、E、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸及び植物性タンパク質、リノール酸、リノレン酸などが含まれています。また、胚芽に多く含まれているビタミンについても、健康維持に大きな役割を果たします。
米胚芽
米胚芽とは玄米から糠だけを取り除いたものです。白米にない栄養素が含まれ、栄養価は玄米と同じです。白米と比較するとビタミンB1が2.6倍、ビタミンEは2倍含まれているほか、リノール酸を多く含み、リノール酸と相性のいいビタミンEも含んでいます。玄米よりも身体にやさしいのが特徴です。
発芽玄米
発芽玄米は玄米に適当な水分と湿度と酸素を与え1mm〜5mmまで発芽させた米のことで、玄米の栄養と機能がパワーアップされた機能性米です。玄米のさやにはパントテン酸が存在しますが、パントテン酸は発芽前だと玄米との相性があまり良くありません。玄米が発芽すると、パントテン酸はミネラルとイノシトールに変わり、単に食べやすいだけではなく、発芽時にビタミン、アミノ酸、酵素、SODなどの新しい成分が生成されます。穀類を発芽させることで新しい成分の作用が期待出来ます。また糠や胚芽が残っている玄米にはビタミンB1、B2、糖質、タンパク質、脂肪質、ミネラル、食物繊維など多くの栄養素が含有されており、発芽玄米はこのような栄養素がさらに豊富です。
大豆
大豆は一年を通して採れ、栄養バランスの良いタンパク源として知られています。特に大豆の脂質は不飽和脂肪酸で酸化しやすいのですが、ビタミンEやサポニンを含むため多方面から健康をサポートします。
ケール
ケールは栄養分を多量に含み、現在青汁として愛用されています。牛乳では100g当たりカルシウム100mgに対し、ケールは181mgのカルシウムがある他、ビタミンCをはじめ、各種ビタミン、食物繊維を含んでいます。
大麦若葉
大麦若葉は、他の緑黄色野菜に比べて身体に不可欠な微量ミネラルであるカルシウム・亜鉛・鉄・マグネシウム・銅などの成分を豊富に含んでいます。さらにビタミンも多く含まれており、ビタミンB1は牛乳の約30倍、ビタミンC・カロチンはほうれん草の約30倍にあたります。
小豆
小豆はビタミンB1・カリウム・鉄・リン・食物繊維を含み、特にビタミンB1は糖質をサポートする作用で知られています。米よりたんぱく質・脂肪・ビタミン・カルシウム・鉄分・食物繊維など、ミネラルが豊富なので米と一緒に混ぜて炊くのがお勧めです。
もろこし
もろこしは主成分が澱粉で76.5%、タンパク質は8.5%で、外皮にビタミンB群が多いので精製せず食べたほうが栄養を効率的に取る事が出来ます。
りんご
欧米では健康維持には欠かせないといわれるりんご。他の果実に比べてカリウム、カルシウム、鉄、食物繊維、ビタミンC、有機酸を多く含んでいます。
かぼちゃ
かぼちゃ100g当たり水分80〜90%、糖質5%〜13%、タンパク質2g、脂肪0.3g、繊維1g、灰分0.7g、ビタミンB10.05mg、ビタミンC10%など各種栄養素がバランス良く含まれています。
さつまいも
さつまいもはビタミンCを多く含み、1本(200g)で1日の必要量をほぼ摂取することができます。ビタミンCは美容が気になる方は意識して摂りたい栄養素です。その他カリウムも多く含まれています。
はと麦
はと麦は、穀物の中でも多様な栄養素を持ち、バランスのすぐれた栄養食品です。例えばビタミンB1、B2、カルシウムは精白米の二倍、鉄分は精白米の八倍も含みます。穀物の中でも高たんぱく高脂肪で、食物繊維やビタミン、ミネラルも豊富です。はと麦のエネルギー量は精白米の二倍以上ありますが、少量で満腹感が得られ、豊富な食物繊維や良質のたんぱく質を多く含み、アミノ酸(グルタミン酸、プロリン、ロイシン)の含有量は穀物の中でも高いことが知られています。
桑の葉
桑の葉のカルシウム含有量は、その含有量が高いと言われている干しエビや煮干しよりも多く、煎茶の6倍、コマツ葉の13倍、カブ葉の17倍、牛乳の27倍も多く含まれています。桑の葉に豊富に含まれる鉄は、煎茶の2倍、エゴマの2.8倍、豚肝臓の3.4倍、納豆やコマツ葉の15倍もあります。動物にとって必須微量金属とされている亜鉛は、桑の葉はエンドウやホタテガイの約2倍、イカやサケの5倍以上を含みます。
明日葉
緑黄色野菜の明日葉は、カロチン、ビタミンC、鉄、カリウム、カルシウムなどが含まれており、とくにビタミンB2が豊富に含まれています。フラボノイド(葉や茎を切った際に出る汁)も健康維持には欠かせない栄養素で、また、食物繊維が極めて豊富に含まれていることも見逃せません。
セリ
セリは古くから利用されていた野菜で、春の七草の一つでもあります。春に田の畦や小川の水辺で育ち、ビタミンC、鉄、食物繊維を含みます。
大根
大根(特に皮)にはビタミンCが多く含まれます。また、ジアスターゼが多量に含まれています。大根の干し芽はナイアシンなどの必須アミノ酸を含むタンパク質、カロチン、ビタミンCなどを多く含んでいます。また、切干大根はミネラル、カルシウム、鉄などを多く含みます。
キャベツ
キャベツは、ローマ時代に健康が気になる人に食べられていた野菜です。ビタミンCが多く、大きめの葉一枚で、一日に必要量の70%を摂ることができます。また、ビタミンKを含み、キャベジンと呼ばれるビタミンUが健康をサポートします。
にんじん
にんじんはカロチンを豊富に含み、にんじん2分の1本で一日のビタミンAをまかなう事が出来ます。カルシウム、食物繊維も多く含みます。
ピーマン
ピーマンはビタミンCを多量に含み、その他ビタミンAやカリウムとともに美容をサポートします。また美容だけでなく、健康維持にも欠かせないビタミンPや葉緑素も含まれています。
れんこん
ビタミンCが豊富で、レモンの3分の2程の含有量が摂取できます。切り口を切ったときに黒ずむのはタンニンが含まれているため、また、れんこんを切ると引く糸は、ムチンというたんぱく質でどちらもれんこんの健康成分として知られています。
わかめ
わかめは古来より健康食材として食されてきました。ビタミン、ミネラルを豊富に含み、ヨウ素、カルシウム、カリウムも含まれています。
ひじき
ひじきはカルシウム、食物繊維、鉄分、ミネラルを多く含むアルカリ食品です。カルシウムは牛乳の約12倍、鉄分はレバー(鶏)の約6倍、食物繊維は全体の約半分を占め、ごぼうの約7倍あります。カリウム、マグネシウムなども多くふくまれている点も注目です。
椎茸
乾し椎茸はエリタデニンが豊富で、またレンチナンという成分とともに健康成分として大切な栄養素です。エルゴステロールという成分は紫外線にあたるとビタミンDに変わることで知られています。
ひらたけ
ひらたけには食物繊維が豊富に含まれ、グルタミン酸やグルニア酸といった旨み成分を含みます。
ごぼう
ごぼうは食物繊維を豊富に含み、渋味成分タンニンも健康をサポートすることで知られています。ごぼうには糖質が15%も含まれ、イヌリン、ペンレーザンなどが大部分を占め、ビタミンB1も多く含んでいます。
ブロッコリー
ブロッコリーのビタミンCは野菜の中でもトップクラスの含有量で、レモンの2倍あります。ビタミンCは美容に欠かせない成分としてだけでなく、すこやかな毎日をサポートしてくれます。豊富に含まれるカロチンは体内で必要なだけビタミンAに変わり、残ったカロチンとともにすこやかさに働きかけます。またビタミンEやクロム、イソチオシアネートという含流化合物など、様々な栄養素を豊富にふくんでいます。
生姜
生姜は四季を通して一年中採れ、古くから香辛料として使われていました。生姜は、肉や魚の臭みを消すだけでなく、健康食材としても欠かせません。
ゆず
ゆずには温州みかんの約4倍のビタミンCが含まれます。果汁にはクエン酸や酒石酸などの有機酸が豊富に含まれ、さらにヘスペリジンという栄養成分も含まれています。
にんにく
にんにくに含まれるアリシンは健康成分として知られ、ビタミンB1と結合するとアリチアミンとなって、ビタミンB1のサポート役として働きます。
  • 快腸生食 お客様の声
  • 快腸生食 取扱サロン
  • 商品へのお問い合わせは、お気軽に
  • お電話によるお問い合わせ : 096-281-4000
  • メールフォームによるお問い合わせ